インフォメーション

2016年08月04日

大分県本部 管理部 企画管理課

県産農畜産物を食べて甲子園で勝利を!【JAグループ大分甲子園出場校を激励】

JAグループ大分は7月27日、第98回全国高等学校野球選手権大会(夏の甲子園)に大分県代表として出場する大分高校野球部に県産農畜産物や県産飲料を贈呈しました。

JA全農おおいたの藤田明弘副本部長らが大分市の同高校野球部練習グラウンドを訪れ、豊後牛肉30kg、県産米「大分ひのひかり」100kg、県産飲料「塩とかぼす」など30ケースを贈りました。

藤田副本部長は「県民すべてが皆さんの応援団。大分県産のお米やお肉を食べ持てる力を存分に発揮して、より高みを目指してほしい」と激励。これに対して、選手を代表して木田陸人主将(3年)が「全ておいしく頂いてパワーを蓄え、活躍できるように頑張りたい」と大会での健闘を力強く誓いました。

激励する藤田副本部長の内容を表示

激励する藤田副本部長

決意表明する木田主将の内容を表示

決意表明する木田主将

選手の皆さんと記念撮影の内容を表示

選手の皆さんと記念撮影

県産品をしっかり食べて頑張ってくださいの内容を表示

県産品をしっかり食べて頑張ってください