インフォメーション

2018年05月14日

管理部 企画管理課

卓球少年・少女の夢を県産農畜産物で応援!!【全農杯全日本卓球選手権大会】

JA全農が特別協賛する「全農杯 全日本卓球選手権大会大分県予選会(ホープス・カブ・バンビの部)」が5月4日に杵築市文化体育館で開催されました。

この予選会は大分県内の卓球少年・少女たち128名が7月に兵庫県で開催される全国大会への切符をかけて行われ、小学6年生以下の「ホープス」、4年生以下の「カブ」、2年生以下の「バンビ」の部に分かれ熱戦が繰り広げられました。

表彰式では、JA全農おおいたより副賞として、優勝者に「おおいた豊後牛1kg」、準優勝者に「大分県産米ヒノヒカリ10kg」、3位の選手に県産飲料「つぶ入りみかん」1ケース、参加賞として県産飲料「つぶらなカボス」「つぶらなユズ」を贈呈しました。

これからもJA全農おおいたは「県産農畜産物」を通じて、卓球を始め様々なスポーツ支援活動や次世代を担う子どもたちの夢を応援していきます。

熱戦が繰り広げられる会場の様子。の内容を表示

熱戦が繰り広げられる会場の様子。

表彰式の様子。各カテゴリの入賞者へJA全農おおいたより副賞を贈呈。の内容を表示

表彰式の様子。各カテゴリの入賞者へJA全農おおいたより副賞を贈呈。

大会終了後、みんなで記念撮影。の内容を表示

大会終了後、みんなで記念撮影。

各カテゴリの優勝者の皆さん。副賞の「おおいた豊後牛」と。の内容を表示

各カテゴリの優勝者の皆さん。副賞の「おおいた豊後牛」と。