インフォメーション

2018年06月05日

資材部 農業機械課

将来の農業を担う農業大学校の生徒の皆さんと密播播種実演をおこないました。

JA全農おおいたは豊後大野市三重町にある大分県立農業大学校の試験場にて将来の大分県の農業を担う生徒の皆さんを対象に密播播種実演をおこないました。

今回の実演会は水稲の省力化技術である密播栽培を学んでもらうことと、育苗にロックウールを使用することによる労力軽減の相乗効果を検証してもらうことを目的におこないました。

なお、播種日の6月22日に本会が所有する密播対応田植機での実演に加えて、JA全農おおいた松本農業機械課長が講師となり密播栽培の説明をおこなう予定にしています。

作業する生徒のみなさん。の内容を表示

作業する生徒のみなさん。

密播を手作業で。籾の多さを実感されていました。の内容を表示

密播を手作業で。籾の多さを実感されていました。