インフォメーション

2018年06月06日

資材部 農業機械課

「乾田直播栽培」のためのレーザーレベラー作業実演を実施しました

6月4日、JA全農おおいたは中津市三光の(農)三光ファーム圃場において、レーザーレベラー実演会を実施しました。

実演会の目的は、乾田直播栽培の普及実演を進める大分県北部振興局に協力し播種前作業の圃場づくりをおこなうためで、管内の生産者や三光ファームの構成員をはじめ、九州農政局、県、水田農業グループ、北部振興局などから約20名が参加しました。

今回実演をおこなった機械はスガノ製レーザーレベラーで、圃場を水平にするためトラクターでけん引して使う機械です。

今後、この圃場で乾田直播栽培をおこなっていく中で、JA全農おおいたは大分県北部振興局と生育状態や収量の追跡調査を行うことにしており、結果を生産者の省力化技術導入の検討に役立ててもらうことを目指しています。

今回実演をおこなった中津市三光の圃場(トラクターはヤンマー65馬力)の内容を表示

今回実演をおこなった中津市三光の圃場(トラクターはヤンマー65馬力)

作業する圃場の近くにレーザー発光機を設置しますの内容を表示

作業する圃場の近くにレーザー発光機を設置します

機械の説明をおこなうメーカー担当者の内容を表示

機械の説明をおこなうメーカー担当者