インフォメーション

2019年05月27日

米穀園芸部米麦課

「ビール大麦」の収穫が最盛期を迎えています。

大分県豊後大野市緒方町で栽培されているビール大麦の収穫が最盛期を迎えています!

本年産は好天にも恵まれ順調な生育となりました。

収穫期を迎え黄金色に輝くビール大麦の内容を表示

収穫期を迎え黄金色に輝くビール大麦

JAおおいた豊肥事業部管内の豊後大野市緒方町では、緒方町ビール大麦部会に所属する法人を含めた25の生産者が約80haの畑で約240トンのビール大麦を栽培しています。
栽培品種は「サチホゴールデン」です。
本年産のビール大麦は播種時期に雨が多く生育が心配されましたが、3月以降の好天に恵まれ、日照時間が多くなったため順調な生育となりました。

キリンビール株式会社と契約栽培をおこなっています。

緒方町のビール麦畑にはキリンビール(株)の看板が設置されています。の内容を表示

緒方町のビール麦畑にはキリンビール(株)の看板が設置されています。

豊後大野市緒方町で栽培されるビール大麦はキリンビール株式会社との契約栽培となっており、収穫されたビール大麦は全量、キリンビール株式会社に出荷されます。
同部会の髙山幸治部会長は「本年産のビール大麦は例年に比べ出来が良い。消費者に緒方産のビール大麦を使ったビールの味をぜひ楽しんでいただきたい。」と話しました。