インフォメーション

2020年06月03日

米穀園芸部園芸販売課・東京事務所

事業を活用して県産花きを展示。生産者支援に向けJAグループ大分も協力しています。

JAグループ大分では農林水産省の「生販連携による機会創出事業」を活用して、県連組織が入居する大分市内の農業会館や大分県厚生連の施設、JA全農おおいたの事務所に県産花きの展示を始めました。5月25日に大分県産の輪菊やトルコキキョウなどを中心としたアレンジメントが各施設に飾り付けられました。

コロナ禍の影響で行き場を無くした花きを、官公庁や公共施設等に展示することで消費拡大をPRするとともに生産者の手取り確保を目指します。

展示場所の確保に努めたJA全農おおいた園芸販売課の八坂職員と古藤田職員は「地道な活動だが少しでも生産者の助けになればという想いで動いている。」と話します。

JAグループ大分では、今後も生産者の支援や県産農畜産物の消費拡大に取り組んでいきます。

JA全農おおいたの事務所玄関に飾りつけられる花材の内容を表示

JA全農おおいたの事務所玄関に飾りつけられる花材

この取り組み以外にも、JA全農おおいた東京事務所では「花いっぱいプロジェクト」の一環として、他県と連携し農水省庁舎に県産花きを飾り、消費拡大に向けたPRを実施しています。

大分県はハイブリットスターチス(ブルーウェーブ)やヒマワリを飾っています。

ハイブリットスターチス(ブルーウェーブ)の内容を表示

ハイブリットスターチス(ブルーウェーブ)

ヒマワリの内容を表示

ヒマワリ