小ねぎは青ねぎの一種で、「薬味」で済ませるにはもったいない「栄養の宝庫」です。葉部分(緑黄色野菜)には、粘膜の健康を維持するカロチンやビタミンC,カルシウム,鉄,カリウムなどが多く含まれています。
また、ねぎの独特の辛み成分(硫化アリル)には、消化液の分泌を促し、ビタミンB1の吸収を助け、内臓の働きを活発にして血行を良くする効果があり、昔から民間療法などによく用いられています。

選び方:葉の先まで鮮やかな緑色で、まっすぐ伸びているものを選びましょう。葉には「はりとつや」があり、茎は柔らかいものが味が良いとされています。
保存方法:新聞紙にくるみ冷蔵庫へ。また、刻んで冷凍しておくと便利です。
主な産地:JAおおいた(杵築・山香・由布・豊後大野・竹田)、JAべっぷ日出