1月7日の朝に七草がゆを食べると、1年中病気にならず、寿命が延びるといわれています。
平安時代には春の七草は「若菜」「春の草」と呼ばれ、七種粥と書き、米・粟・黍・稗・みの・胡麻・小豆の、七種の穀物で作られていました。現在の七草になったのは鎌倉時代だと言われています。それぞれが薬効を持ち、特に忘年会・新年会で痛んだ胃・腸などの消化器官に効果があります。現在の七草は、セリ(健胃、整腸、降圧作用)ナズナ(利尿作用)ゴギョウ(去痰、咳などに効果あり)ハコベ(歯槽膿漏に効果あり)ホトケノザ(解熱・解毒作用)スズナ(利尿や便秘に効果あり)スズシロ(食欲増進、利尿作用)。店頭で見かけるのは1月上旬ですが、大分では乾燥七草にも取り組んでおり、冷暗所で一年ほど日持ちするので、1月7日にこだわらず召し上がって下さい。

主な産地:JAおおいた(豊後高田・野津)