七草は、「せり」、「なずな」、「ごぎょう」、「はこべら」、「ほとけのざ」、「すずな」、「すすじろ」で、多くの人が正月7日に七草粥を食して迎春を祝っています。
この七草は正月のおせち料理やお酒などで疲れた胃腸を癒やし、調子を取り戻すといった効能もあり、野菜が不足しがちな冬を健康的に過ごすといった意味もあります。その他、消化促進効果や血圧を下げる効果もあると言われています。大分県は「七草」の全国有数の産地です。