大分県では、昭和48年から杵築市を中心に県内各地で栽培が始まり、今では全国で生産量第3位となっています。また、日本一早い時期に出荷されています。夏場に食べられる『ハウスみかん』は、甘みと酸味のバランスが絶妙で消費者に人気の果物となっています。
栽培は10月頃からハウスにビニールを張り、加温を始め、冬の間にみかんを成長させて、4月から9月にかけて全国各地へ出荷します。
夏場に冷やして食べると、いっそうおいしく食べられます。