『シャインマスカット』は、平成18年に国の研究機関によって品種登録された新品種で、ブドウの女王と呼ばれる「マスカット・オブ・アレキサンドリア」の血を引いています。
芳醇なマスカット香に加え、糖度が高く、種なし(※)で皮ごと食べられるのが特徴です。
その中で『大分シャインマスカット Select(セレクト)』は、園地のセレクト(着果制限、樹齢など)・味のセレクト(糖度18度以上)・販売セレクト(房型、果皮色など)の3つの検査基準をクリアしたもののみを出荷しています。
※気象条件などにより、まれに種が混入することがあります。